Products雑誌「ふでばこ」

HOME > 商品のご案内など > 雑誌「ふでばこ」

ふでばこは
道具の文化を考える本です。

出来なかったことが出来る
道具には、こうした力があります
はやく、ラクに、カンタンに
道具には、こうした力があります
感動させ、楽しませ、和ませる
道具にはこうした力があります
使えてこそ、使ってこそ道具
道具が道具たるかは
あなた次第です

それは
あなたの暮らしや生き方を
きっとかえてくれます

切り絵:霜田あゆ美

ふでばこ 24号(2011.11月発売号)

目次
  • ・ 特集「貝産物」
  • ・ 甲州名物「煮貝」の秘密
  • ・ アイゼンシュタット&ザルツブルク散歩
  • ・ ふでばこアーカイブス「vol.4 京の竹づくり」
【連載】
  • ・ 雲ノ平山荘物語/検見崎まこと
  • ・ 手とその周辺/坂本光三郎
  • ・ 夢は実現する/橋本勇夫
  • ・ 京の美学 日本の心/千總コレクションより 加藤結理子
  • ・ ここ掘れニャンニャン/甲斐美都里

今回の特集タイトルは「貝産物」。「貝の料理」に始まって、「貝塚」「貝貨」「螺鈿(らでん)」「熨斗(のし)」「真珠」などなど、貝が生み出すさまざまな産物を追い、人と貝の長く豊かな歴史を学ぶものです。

ところで「真珠」といえば、世界で初めて養殖に成功したのは三重県出身の御木本幸吉さん。たいへんな苦労を乗り越えて養殖に成功、あのミキモトを創業して日本の真珠の名を世界に広め、96歳で亡くなるまで、真珠一筋に生きた方です。

今回、養殖場と、そのすぐそばにある生前のお住まいを撮影させていただきましたが、豪邸などという建物ではなく、美しくも簡素な日本家屋であることに、まず感動(今でも『御木本幸吉』の表札がかかっています)。贅沢といえば、壁いっぱいの窓に、英虞湾(あごわん)の景色が一面に広がることでしょうか。その景色が何よりの自慢だった幸吉翁は、“自然が美しく健やかでなければ、貝も人間も生きてゆけない”と、明治の頃から環境保護の大切さを訴えていたそうです。

一方ではとてもユーモアのある方であり、幸吉語録には「世界中の女性の首を真珠でしめてご覧にいれます」とか「ご婦人のご病気なら、真珠の首飾りでたちどころに治るようです」といった剛毅で茶目っ気たっぷりの言葉が。物怖じせず、国際社会と対等に渡り合ったともいわれ、知るほどに、その人間的魅力の深さに感動するばかり。真珠の美しさの奥には、人間味溢れる一人の日本人の情熱がありました。

貝と環境でいえば、江戸時代から知られる名物「桑名の蛤」復活に取り組む地元・赤須賀漁協の皆さんにもお話を聞きましたが、伊勢湾を美しく豊かな環境にするために、岐阜県での植林に参加しているとのこと。山・川・海は一体であり、それを壊すのも守るのも、そこから恵みを受けるのも私たち人間なんだとつくづく思ったことでした。

「ふでばこ」は、お近くの書店でお求めいただけます。また、こちらのショッピングページでもご注文を承っております。ぜひ、お手にとってご覧ください。

ふでばこ 24号

価格:1,890円(税込)

Add to shopping bag

<ご注意>こちらの商品の決済方法は【代金引換“以外”】をお選びください。尚、ふでばこ各号のみお買い上げの際は、クロネコメール便にて郵便受けへの投函となりますので、配送日のご指定は承れません。ご了承ください。